コントローラー

MTmateを活用するコントローラーKImaster

【重要なお知らせ】
モータ制御プログラムのライブラリを先に提供させていただくため、販売を予定しておりましたコントローラ KImaster は 標準の仕様としては しばらく販売を延期させていただいています。
カスタマイズされた個別の仕様のコントローラとして販売しています

コントローラ KImaster は最大6軸の同期制御を実現しています。 アンプMTmate によってモータを直接制御できるため、ロボットアームの様に、各モータ間で互いに協調した動作が可能です。

KImaster の上位ホストとはRS232Cによる Modbus ネットワークでつながり、 特別なハードウェアは必要ありません。
主なPLCメーカではModbusインターフェイスが用意されています。

下の図はオムロン製CP1E ModbusRTU上のKImasterを制御するラダーの例です。

ラダー

パソコン上で動作するModbusツール(Modbus Pollなど)が市販されています。
.net や VB, Excel で動作するコントロールを使って独自のアプリケーションを作成することもできます。

【KImaster の基本仕様】

項目 仕様 備考
形式 KI-PCM
電源 DC5V 5V±5% 1A
制御軸数 最大6軸 軸数分のMTmateが必要です
ネットワーク Modbus RTU 115.1Kbps
サーボサンプリング周期 200μS IOやアラームの処理は 1mS
DI 入力 8ch 原点センサとして使用
対象モータ

MTmateに因る

DCブラシ付モータ エンコーダあり又は無し
DCブラシレスモータ 磁極センサあり
ACサーボモータ エンコーダあり、磁極センサあり又はなし
シリアルエンコーダ付ACサーボモータ 多摩川精機 TBLi-Ⅱシリーズ
BiSS-Cエンコーダ付
寸法と重量 幅40 高さ155 奥行き110(mm) 重量 約0.25Kg